いい人材が欲しい!?スキルよりも自社に合う人材

人を採用することは難しい

企業が中途採用の求人を出すときにはいい人を採用したいを考えることは当たり前なのだが、応募者がそういう人であるか否か判断することは非常に難解です。中途採用をする場合の多くは、採用しようとする職種が決まっていて、その職種のプロを採用したいと考えます。しかし採用する過程において、筆記試験や面接だけで、その人がプロなのかどうか判断することは難しく、実際に働いてもらった結果、思っている人材とは違ったということもよくあります。

職場の雰囲気になじめる人材かが大事

しかしここで企業がいう良い人材とはその職種に長けていることは勿論のこと、当社に入社してもらった後、社風に合う人材か、職場の雰囲気になじめるかという部分も重視しての良い人材なのです。勿論、その人自身の人柄もあります。仕事を進めていく上で、周囲とのコミュニケーションは欠かせないのです。それを当社の風土の中でうまくとって、仕事を進めていけるか、結果を残せるかということを考えた場合には、スキル以上に重視する企業もあります。

相手の本音を聞き出すために

職種としてプロは欲しいものの、セミプロであっても今後の教育、指導や経験を通してプロになる可能性を秘めた人材もいます。プロで孤高の人よりも、セミプロでも周囲を巻き込んで仕事を進めていける人の方が企業としてはメリットが多いです。人柄や会社への適性は、教育等で簡単に変えることは難しいのが現実です。そのため中途採用においては、スキルは当然として、その人自身を知ることに注力している会社も多く、面接という形式ばったものよりも、くだけた会話の中から本音を探り出すような面談形式でおこなうところも多いです。

プラントの求人では未経験者やブランクのある人でも、教育体制が整備されているので即戦力として働けます。