看護師が訪問介護で?!仕事する場合のメリット

訪問介護の仕事は基本的に資格は不要

現在全国に看護求人が無数にある中で、高齢化社会に伴い介護分野でもその需要が拡大しており、訪問介護でも求人があります。そして、訪問介護の仕事は、利用者やその家族の日常生活をサポートすることを目的にし、掃除や洗濯、調理など身の回りの家事から介護の本来的な食事や排泄、入浴などの介助まで多岐に渡ります。その為、この仕事には特に資格や経験がなくても基本的に始められます。もっとも、訪問介護の求人の中には、看護師や介護士等の資格があると優遇される案件も多いのが現状です。

訪問介護に於ける看護師の需要

訪問介護は、看護をするものではない為、特に看護免許や専門的な看護技術が必要と云う訳ではありません。もっとも、そのサービスを必要とする利用者側に於いて、入所基準のある各介護施設とは異なり、要介護度も様々に心身の状態や状況も違う方を対象とする為、必要なサービスの種類や質等が異なります。そして、1件1件の自宅を訪れ、利用者や家族に身近で頼られる存在となる為、個々に必要とするサービスを提供するだけでなく、コミュニケーション能力も仕事上大切な要素とってなっています。これらのことから、訪問介護では特に病棟勤務等で高齢者の扱いに慣れた看護師の需要が高まる傾向にあります。

看護師が訪問介護で働くメリット

看護師が訪問介護で働くメリットは、パート雇用が大多数である為、時給が経験等に応じて基本よりも高いことをはじめ看護の仕事に比べ心身への負担を少なくして柔軟に働ける点が挙げられます。訪問介護では、一般的に登録制が採用されており、各パートスタッフの事前申告によりスケジュールが組まれ、穴がある場合には事業所の正社員により埋められる為、個々の都合の良い時間帯に働くことができます。また、1件当たりの訪問は2時間程度で、1日に何件回るかも自分で決められる為、時短勤務も可能です。

訪問看護ステーションとは、在宅での介護や療養をサポートするための、看護師の訪問事業を行っている機関のことです。患者と患者を支える人の要望に叶う所を探すことが大切です。情報収集や相談を必ず行いましょう。